'."\n" ?> 最近よく聞くフリーローンとは?

フリーローンとは

フリーローンについて知っておきたいこと

フリーローンは非常におすすめのものであり、現代人にとってはとても身近なものとなっています。このローンについて知っておきたいことを記述します。 このローンはその名前が示すように、利用使途に制限がなく自由に使うことができるという点が特徴となっています。ただし、事業性の資金に充てることはできないので注意が必要です。それ以外であれば様々な用途に利用をすることができることから生活費やショッピングの費用に充てることはもちろん、冠婚葬祭といった急な出費にも利用することが可能です。ですから、とても便利で使いやすいものとなっているのです。

このフリーローンを利用するには申し込みをして審査を受け、その審査に通過をすることが必要です。もしも審査に通過することができなかった場合には、当然のことながらお金を借りることはできなくなってしまいます。申し込みを行うにはその店舗を訪ねて手続きをすることはもとより、電話やインターネットを利用して行うことも可能です。昨今はインターネットを利用して手続きをする人が非常に増えており、この方法を選択することでいつでもどこからでも申し込みをすることができます。 以上がフリーローンを利用するにあたって事前に知っておきたいことです。



消費者金融の審査はどの部分を見ているのか

消費者金融は今では金利が多少低くなってくれていてかなり借りやすい状態になっています。ただ借りやすくなっているとはしても絶対に借りられるのかというのではなくて、しっかりと審査をして貸してもいいのかそれとも貸さないほうがいいのかを判断しています。そこでちょっと気になるのがこの審査はどのようなことを見ているのかということです。見ている部分がどこなのかを理解しておくことで、自分は通るのかそれとも通らないのかが判断しやすくなります。 消費者金融おすすめランキングのサイトでは詳しく審査について説明されていますので、詳しく知りたい方は是非確認していただきたいですが、ここでは軽く消費者金融の審査はどの部分を見て審査しているのかを紹介いたします。

まず重要視してみている部分となるのが年収や勤続年数、そして過去のローンがどうなっているのかです。年収は非常に重要、総量規制ができてしまってからは年収をより重要視してみないといけなくなってしまいました。年収が非常に多ければそれだけ通りやすくなりますし、年収が非常に少ないとなるとそれだけ通りにくい状態になります。そして勤続年数もかなり重要な部分です。収入があっても安定をしているのかそれとも安定をしていないかでかなりの違いが出ます。

長く働いていることでそれだけ安定をしている収入を得ていると判断することができます。そしてこれもかなり重要となるのが他のローン状況です。他でかなりのローンをしているとそれだけ支払する能力が薄れてしまっていると判断できます。さらに延滞などをしていることによってそれだけ支払い能力がないよと判断できます。それらの重要な部分を見るようにしています。



消費者金融のカードローンを利用するためには

ここまで軽く消費者金融の審査について触れてきましたが、ここからは消費者金融のカードローンについて細かく説明していきます。なぜかというと、お金を借りようと考えた場合まず「消費者金融でお金を借りること」が最初に頭に浮かぶはずだからです。近年ではテレビCMなどはそれほど見なくなりましたが、やはりお金を借りるのに最短の方法といえば消費者金融ですし、借りる条件さえ満たしていれば誰でも借りることが出来るのも消費者金融の強みだといえます。では消費者金融のカードローンを利用する場合に何が必要な条件となるのでしょうか。

どの消費者金融にも当てはまる最低条件とは?

消費者金融のカードローンを利用するためには、消費者金融が定めている最低限の条件を必ず満たす必要があります。この条件を満たせない場合、如何なる場合でもお金を借りることは出来ませんし、逆に条件さえ満たしていれば審査を受ける資格があるということになります。

最低条件として必要になるのは、年齢、収入の有無、企業に属して働いているかどうかの3つが最低条件となりますので、それを満たしていない場合にはお金を借りることは出来ないと考えたほうが良いでしょう。

例えば年齢は満たしているが収入が無い場合はNGですし、収入はあるがそれが働いて得ているものでなければそれもダメ、収入もあるし会社に勤務しているけれど年齢が満たない場合もお金を借りることが出来ないことになります。そのためどれか一つでも欠けているとその時点で審査対象外という位置づけになることを知っておく必要があります。

年齢制限はどのようになっているのか?

消費者金融のカードローンを利用する場合、必ず年齢制限が設けられています。この年齢制限はほぼどの消費者金融でも同じで、20歳以上65歳未満の人がカードローンの利用対象となってます。そのため20歳以下の場合や65歳以上の場合は、いくら収入があろうとも関係なく、審査の対象として認められないということになります。

そのため消費者金融のカードローンを利用するためには、自分の年齢が条件を満たしていることを確認したうえで、申し込みを行なう必要があるといえます。20歳以下が利用できないのは未成年のため、65歳以上が利用できないのは65歳定年制が日本の企業の基本のため、その時点で収入が途切れる恐れがあるためです。そのため20歳以下ですでに社会人として働いている場合でも、65歳以上でまだ企業に勤務を継続している場合でも年齢制限が関係してくるため消費者金融の利用は出来ないことになります。

ただし、20歳以下の場合は学生ローンと呼ばれる未成年でも利用できるローンが別途ありますし、65歳以上の場合には銀行のカードローンであれば67歳程度まで利用可能なものも存在していますので、年齢の条件が問題の場合はそれを利用するのも一つの手段だといえます。

収入の有無で審査できるかどうかが決まる

消費者金融でお金を借りる場合には、必ず収入があるということが前提となっています。これは改正貸金業法の施行により大きく変わった点だといえ、改正前までは収入が無い場合でも消費者金融でお金を借りることが可能になっていた時代があります。

しかし収入が無い=返済できないということは明確ですから、それが大きな問題となり債務整理や自己破産などが相次いだという背景があります。そのため現在の消費者金融では安定した収入が無い場合には、審査対象として受付できない仕組みとなっており、消費者金融側も無理な貸付は出来ないようになっています。

そもそも収入が無いのにお金を借りようと考えることが間違いだともいえますので、消費者金融でお金を借りる場合にはその点をしっかりと考えて申し込みを行なう必要があるでしょう。

仕事に就いているかどうかが重要

消費者金融のカードローンの審査で重要なのは、安定した収入が確保できることだけでなく、きちんと会社に属して働いているかどうかが重要になります。これは安定した収入にも関わることですし、アルバイトでもパートでも正社員でも、どのような形であれ勤労しているということが重要視されるためです。そのため収入はあるけれどその出所が分からない場合や、年金だけの収入の場合はお金を借りることが出来ないことになります。

この仕事に就いているということでもう一つ重要なのは、如何に長期間その企業に属して働いているかということです。安定した収入を重要視する消費者金融では、年収や月収の多さよりもその金額がどれくらい安定して得られているかの方を審査のポイントとします。

そのため勤続3ヶ月で月収が40万円の人よりも、勤続年数が15年で月収が20万円の人のほうが、審査を通過しやすいといえます。これは勤続3ヶ月の場合、その後の収入が確定されているとは言えませんし、わずか3ヶ月という短い勤続期間では安定した収入を得ているとは言いがたいと消費者金融側は考えるためです。そのため月収が20万円でも15年という長期にわたり勤務し続けている人のほうが、社会的信用も高く安定した収入があると認識されることになります。

消費者金融の特徴を知ろう

消費者金融を利用する場合その特徴をしっかりと知っておかなければ、いざ申し込んだ後にこんなはずではなかったということになる場合も考えられます。そのため事前に消費者金融がどのような金融業者なのか、特徴は何なのかを知ることで安心して消費者金融を利用することが可能になるといえます。消費者金融を語る上で外せないのが金利、審査に関する時間、そして借りることが出来る限度額だといえます。

消費者金融を利用するための重要キーワード
下限金利・上限金利 即日融資 即日審査 限度額 実質年率

消費者金融の金利はどうなっているのか?

消費者金融でお金を借りる場合、気になるのが設定されている金利ではないでしょうか。消費者金融の場合、昔から金利が高いというイメージが付きまといますが、現在では昔のようなグレーゾーン金利も全て撤廃され、貸金業法で定められた金利内でその消費者金融も金利が抑えられている状況となっています。

そのためどの業者を利用してもほぼ金利に差は無く、あの業者は金利が安いから使いやすいとか、こっちの業者は金利が高くてあまり良くないということは無いでしょう。そのため自分の利用しやすい業者を選択して利用すればよいとも言えるわけです。もちろん金利以外のサービスで特色を出している場合も多いため、一概に金利だけでは判断が出来ないとも言えます。

金利には上限金利と下限金利が存在する

消費者金融を利用する場合にポイントとなる金利ですが、どの消費者金融にも上限金利と下限金利というものが設定されています。これは消費者金融のHPなどを見ると記載されている○○%〜○○%という表記のことで、低い数字が下限金利、高い数字が上限金利となります。下限金利はこれ以上下がることがない金利のことで、上限金利はこれ以上上がることが無い金利のことになります。そのため上限金利が18%の場合、借りた金額に対して18%以上の金利を利用することはないということを表しています。

逆に下限金利の場合は下限金利が4.5%の場合、その消費者金融でお金を借りた場合の最低金利がそれになるということを示しているわけです。多くの人がこの下限金利だけを見て消費者金融の利用を決めてしまいがちですが、この下限金利はその消費者金融の最大限度額まで借りた場合に初めて適用される金利ですので、例えば15万円借りたからといって下限金利が適用されるわけではないということになります。

消費者金融では一定金額ごとに適用される金利が定められており、初めて利用する場合に最大限度となる50万円までは、上限金利が適用されることになるわけです。それ以上の利用の場合に対して、少しずつ金利が下がっていく方式になっていますから、金利を下げるためにはお金をたくさん借りる必要があり、そうなると金利は下がるけれど月々の支払額は多くなるという状態が生まれることになります。

実質年率に注目しよう

消費者金融を利用する場合に必ず知っておく必要があるのが実質年利という言葉です。この実質年利は、消費者金融が設定している金利に対して1年でどれくらいの利息が発生するかということですので、借りたお金を1年間借りていた場合には表示されている金利での利息の支払いが必要となるわけです。

そのため借りたお金を早く返せば返すほど利息は少なくなり、逆に借りてから月日が経てば経つだけ利息は多くなることになります。例えば金利18%の消費者金融で10万円を1年間借りた場合には、10万円に対して18%分の利息である18,000円が加算されることになります。計算方法は残高×実質年率÷365×借入日数で計算が可能となり、10万円を1年借りた場合は10万円×18%÷365×365日となるため、さきほど言った18,000円が導き出せることになります。

即日融資、即日審査が可能な理由とは?

消費者金融を利用する上で外せないのが即日融資、即日審査というその日のうちにお金を借りるための審査も融資も可能になるシステムです。このシステムは改正貸金業法施行以降に増えたといえる方式で、現在営業を行なっている消費者金融すえてで用いられているといっても過言ではないシステムだといえます。

何故即日審査、即日融資が可能になるのかといえば、貸金業法では50万円までの融資に対して収入を証明するために必要な収入証明書の提出を義務付けていないためだといえます。通常のローンであれば、いくら借りる場合でも必ず収入証明書を提出して厳しい審査を何日も重ねて初めてローンが利用可能になるといえます。

しかし消費者金融の場合は50万円までであれば通常必要とされる審査を簡素化することが可能になるため、必然的に審査にかかる時間も短縮されることになります。消費者金融ではまず機械で簡易審査(仮審査)を行い、それがOKであれば即本審査に取りかかります。仮審査は機械で行なうため数分で完了し、それが問題なければ人の手で本審査を行なうわけです。そのため過去によほど問題が無ければ仮審査さえ通過してしまえば本審査もかなり早く通過できることになります。

逆に仮審査で問題があればその時点で申し込みが出来ないこともわかるため、長時間待った挙句利用できないといったことを回避することも可能になっていると考えると良いでしょう。

申し込み方法も様々あります

消費者金融を利用する場合、昔であれば店舗まで出向いて契約がスタンダードな契約方法でしたが、現在ではそういった契約は非常に少なくなっており多くの人がWEB申し込みや無人契約機での申し込みを利用しています。このWEB申し込みや無人契約機での契約のメリットはそれぞれにあり、WEBの場合は時間や場所を選ばずいつでも申し込みが可能になるということ、無人契約機の場合は機械操作だけですぐに契約が出来、しかもその場でカード発行まで可能になるというメリットがあります。

最も早く確実に申し込みを行ないたい場合には、WEB申し込みと無人契約機の併用という手段もあり、WEBで空いた時間に申し込みを行っておき、後でカード発行のみを無人契約機で行なうという手段です。これを利用した場合、無人契約機での待ち時間を無くすことが出来ますので、自宅を出る前にWEBで申し込みを行い、無人契約機に到着したときには契約完了でカードを発行するだけといった離れ業も可能になるといえます。

お金を借りる方法も選べます

消費者金融で問題なく審査が通過できた場合、はれてお金を借りる準備が整ったことになります。お金を借りる方法として最も多く利用されているのがATMの利用ですが、このATM利用にも手数料が発生するものとそうでないものがあるため、それを知った上で利用をしないと無駄にお金を支払うことになってしまいます。

基本的に手数料が発生しないのは専用ATMと呼ばれる消費者金融に備え付けてあるATMの利用で、このATMの利用の場合は24時間365日いつ利用をしてもATM手数料の発生は無いといえます。そのため土日などに銀行からお金を下ろすのではなく、あえてカードローンを利用して専用ATMを使えば、銀行ATMの土日使用手数料よりもカードローンの利用で発生する利息のほうが安く済むという使い方も出来ます。あとは月曜日に銀行ATMからお金を引き出し、カードローンへ返済を行なえばわずか1日分の利息だけで済むことになります。

さらに便利な方法としては、振込みキャッシングと呼ばれる直接自分の口座へお金を振り込んでもらう方法もあります。この方法の場合はネットバンキングを利用している人に特に有効な手段で、業者によっては365日24時間いつでも振り込み可能、しかもわずか10秒程度で振込みが可能という場合もあります。そのためすぐにネットショッピングなどに利用が可能になりますので、それを利用するのもカードローン上級者の使い方といえるでしょう。振り込みキャッシングの場合、振込み手数料が無料なのも大きなメリットだといえます。



自己処理とエステ脱毛について


ムダ毛の処理について悩んでいる人にとって、どのような方法で処理をすれば良いのかということはとても重要なこととなります。方法を間違えてしまうと、ムダ毛処理がうまくいかないばかりか肌を傷つけてしまいかねないからです。方法を選択する時には慎重にした方が良いのです。今回は、ムダ毛処理について典型的な方法をいくつかご紹介します。紹介したなかで自分にあった方法を見つけるようにしてください。まず、最初の方法は自己処理です。自己処理とは、その名の通り自分で処理をする方法です。自己処理には大きく分けて二つの方法があります。カミソリで剃る方法と脱毛機器で処理をする方法です。カミソリで剃る方法はとても簡単ですが、肌を傷つけやすいという欠点があります。その反面、脱毛機器での処理は肌を傷つけにくいというメリットがあります。しかし、機器の価格が高かったり、操作にはコツがいるなどの点に気をつける必要があります。最近では安くて高性能の機器がインターネットで売られていますから参考にしてください。そして、自己処理に加えてエステでの処理方法があります。エステでは、エステのスタッフが処理をしてくれるので仕上がりが綺麗になることを期待することができます。自分で処理をするという煩わしさがなくなるのでとても楽なのです。もちろん、価格は少々高いですがお金を払ってしまえばあとはエステに通うだけという気楽さです。自己処理とエステの方法のどちらが良いのかは自分にあった方法を選んでください。



更新:



このページの先頭へ